気管支喘息(小児)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数276
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護小児事前学習

    代表キーワード

    看護気管支喘息

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    気管支喘息
    従来の数多い気管支喘息の定義のうち、わが国の小児科領域で最も多く用いられているのは小児アレルギー研究班によるもので、「気管支喘息とは、笛声喘鳴を伴う呼気性の呼吸困難発作を繰り返す疾患で、心血管系疾患や腫瘍なご原因がはっきりしているものは除く」とされている。原因としては、アレルギ_反応や気道の過敏性が考えられ。また、症状が発作性で繰り返すということは気管支の狭窄が可逆性であるということから。喘息発作は自然にあるいは治療により軽快すると考えられている。
    原因・病態
    病態
    笛声喘鳴や呼吸困難は、気管支の内径が狭くなるために生じるが、その狭窄は、①気管支平滑筋の攣縮、②気道粘膜の浮腫、③気道内分泌物の増量貯留、という気管支に起こる3つの変化によって生じると考えられている。
    原因
    気管支喘息の多くは、気管支の狭窄をきたしやすい性質(気道の過敏性)があり、そのうえアレルギー反応をはじめとする種々の要因が加わって発症すると考えられている。特に小児においては、アレルギーが関与する場合が多く、このことは臨床的にも重要である。
    ①アレルギー反応:アレルギー反応の型はゲルとクームズ(Gel1-C..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。