下痢している子どもへの援助

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数512
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    下痢している子どもへの援助
    下痢とは
    下痢とは、水分の多い粥状あるいは、水様の便を排泄する状態をいい、水分の喪失と電解質の異常を引き起こす。子どもの下痢の原因は多彩で、年齢によって異なる。とくに乳幼児は、体内水分量の比率が成人に比べ高く、体重に比して体表面積が大きいことから不感蒸泄も多く、代謝に必要な水分も多い。したがって、下痢による水分喪失や水分摂取の制限で、全身状態が急激に変化するなど、子どもが受ける影響は極めて大きい。このように子どもの特性を理解するとともに、子どもの下痢の原因を知り、水分の喪失による脱水症状の改善、栄養状態の維持が重要となる。
    ナーシングポイント
    子どもの下痢の原因を知り、脱水症状を容易に起こしやすいことを理解できる
    子どもの症状に合ったケアを行うことができる
    1.下痢の原因と発生機序
    A 原因と発生機序
    1)腸の蠕動亢進
    腸粘膜にある神経末梢が、腸内容、あるいは粘膜の炎症や潰瘍により刺激されることによって起こる。
    2)腸粘膜からの異常分泌
    腸管外感染があると消化液の分泌減少が起こり、消化管の耐用力が減少して、食物の発酵あるいは腐敗が起こる。これが腸壁神経末梢を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。