08.自発性減退

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,097
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護精神事前学習症状減退

    代表キーワード

    看護自発性減退

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自発性減退(自閉症状)
    1.特徴
    精神活動の能動性や自発性の低ドから、他人や外界との接触を嫌い、自らの殻に閉じこもった状態をいう。
    看護師の働きかけに応じることも少なく、動きも緩慢で、すぐにやめてしまう。自己の観念の世界に入り込み、周囲の患者からも孤立している。看護師が働きかけないと、一口のほとんどを自室に引きこもって、ベッド上で横になっていたり、部屋の隅にじっとうずくまっている。
    このような状況で、同じ姿勢を何年も続けた患者は、下肢の筋肉の硬直を起こすことも多く、歩行もままならない状態になる。
    興奮や白傷他害がなければ、看護師のかかわりはだんだんと少なくなっていく。
    自閉症状を主とする代表的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。