精神症状

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数547
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護事前学習精神症状

    代表キーワード

    看護精神症状

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    精神症状
    Ⅰ 精神現象の基礎的なこと
    1)精神現象
    バラが1輪置いてある。そのバラを見たり、触ったり、香りをかいだりする。そしていろいろと考えたり、思い浮かべたり、また喜んだり、人によっては悲しんだりする。これを精神現象という。
    ある人がバラを思い浮かべたり、考えたり、友人に贈ろうと思ったりしても、それだけでは他人にわからない。バラを見て、何かを思い浮かべて喜ぶという心の状態が意識されると、思わず表情に出ることがある。あるいは、バラに顔を近づけていく動作が見られることもある。これを見て他人は、バラを見て喜んでいるのだろう、香りをかぎたいのだろうと、その人の精神現象を推察することはできる。しかし、どうして顔を近づけたのか、何を思い浮かべたのかはまったくわからない。
    すなわち人の精神現象は、その人自身が言葉に出して話すか、文字に書くかすれば、第三者にははっきりとわかる。しかし、表情や動作で表した場合には、よくわかることもあり、よくわからないこともある。つまり他人の精神現象は、言葉や文字に表してくれればはっきりわかるが、表情や動作ではよくわからないことも多いのである。
    2)感覚と知覚の内容
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。