睡眠時無呼吸症候群

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数159
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    睡眠時無呼吸症候群
    定義
    鼻と口での空気の流れが10秒間以上停止する、つまり呼吸が止まっている状態を「無呼吸」とよぶ。また、1回換気量が覚醒安静時の50%以下に低下する状態を「低呼吸」とよぶ。
    睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome:SAS)とは、「7時間の夜間睡眠中に無呼吸が30回以上認められる状態、もしくは睡眠1時間ごとに認められる無呼吸・低呼吸の回数を無呼吸低呼吸指数(apnea hypopnea index:AHI)とよび、AHIが5回/時間以上認められ、かつ昼間の眠気もしくは無呼吸に起因する様々な症候のいくつかを伴う場合」と定義されている。
    重症度は、軽症5≦AHI<15、中等症15≦AHI<30、重症AHI≧30に分類される。
    また、以下の3型に分けることができる。
    ・閉塞型睡眠時無呼吸症候群(obstructive SAS:OSAS):上気道閉塞が原因で、無呼吸中、呼吸努力が認められ、胸郭と腹壁が奇異運動を示す。
    ・中枢型睡眠時無呼吸症候群(central SAS:CSAS):脳幹呼吸中枢からの呼吸筋への出力が消失するため、胸郭および腹壁の動きがなく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。