術後24時間の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数4,827
ダウンロード数71
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    術後24時間の看護
    手術直後の患者は、手術侵襲による身体の急激な変化と全身麻酔からの覚醒、手術室から病棟への移送や移動など、さまざまな要因により、極めて不安定な状態にある。
    特に手術終了直後から24時間は、患者の苦痛が最も激しく、術後早期の合併症や異常が出現しやすい。そのため回復室、術後室、ICUなど通常とは異なる看護体制の下で、密な観察とケアを必要とする。
    1)看護の流れとポイント
    〈看護のポイント〉
    ①患者の生命の確保(気道確保と出血予防)
    ②患者の安全な移送と移動
    ③患者の苦痛(創痛)の緩和
    ④異常徴候・合併症の早期発見と対応
    ⑤回復促進のケア
    ⑥患者の精神面へのケア
    ⑦家族へのケア
    2)「手術室からの引き継ぎ」内容と術後ケアへの連携
    3)手術室から病床までの看護
    (1)帰室前の部屋の準備
    ①術後患者一般に必要な物品
    酸素マスク、酸素流量計、点滴台、血圧計、電気毛布、体位変換用小枕など
    ②術式・手術侵襲に応じた物品
    人工呼吸器、持続吸引器、気管吸引セット、動脈圧加圧バッグ
    ③患者の個別性に応じた物品
    エアマット、ムートン、低ベッド、足台、フットポンプなど
    (2)手術室から病室へ
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。