13.腹痛

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数490
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護症状

    代表キーワード

    看護腹痛

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    腹痛
    1 症状が生じる病態生理
    1.腹痛とは
    腹痛とは自覚症状で,腹部領域に感じる痛みをさす.
    腹痛は,生体の異常を知らせるシグナルであるとともに,腹痛そのものが生体に侵襲的である.腹痛は一過性で疼痛が消失する軽度のものから,緊急手術を必要とする重篤なものまであり,その原因は多岐にわたる.
    2.腹痛の起こるメカニズム
    腹痛には,管腔臓器から起こる内臓痛,腹膜などの体壁の刺激で起こる体性(体壁性)痛に大別され,さらに関連痛(放散痛)の3要素が複雑に組み合わさって,さまざまな痛みが出現する.そのほかに心因性の腹痛がある.
    内臓痛
    内臓痛は,自律神経(主に交感神経)を求心路とし,管腔臓器,臓側腹膜などに分布する知覚神経終末に,刺激が伝達されて痛みが生じる.痛みを起こす主な刺激は,管腔臓器の平滑筋の緊張,亢進,痙攣,伸展,拡張などである.疼痛部位が不明瞭で腹部中央に漠然としたうずくような痛みや,放散痛として感じられることが多い.
    胆道系や尿管が閉塞される結石では,激痛,仙痛(平滑筋の攣縮によって起こる痛み)に周期的に襲われることがある.
    悪心・嘔吐などの自律神経反射を伴うことがある.
    体性(体..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。