Honda にとっての 失敗の意味とは

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数218
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Honda にとっての 失敗の意味とは
    <はじめに>
    世界のグローバル企業として第一線で躍進し続ける Honda。戦後、浜松の小さなオートバイ屋が 60年の歳月をかけ、創業者である本田宗一郎氏の理念のもと、“常に存続を求められ、期待される企業”をフィロソフィーに躍進を継げた、 Hondaという企業の“根本にある原動力”についてレポートを書く事にしました。
    Hondaという企業の印象はどの様なものでしょうか。F1やモトGPといったレース活動、郵便配達やお店の出前で活躍するスーパーカブ、世界一厳しいとされたマスキー法を真っ先にクリアーした CVCCエンジンの初代シビック、最近では世界初の二足歩行ロボットの ASIMO、エンジンを翼の上に置く Honda Jet、様々なシチュエーションにおいて、数多くのファンを魅了し続けてきている企業イメージといったものがあるのではないでしょうか。
    <失敗を推奨する文化>
    そのグローバル企業、 Honda。成長の源として継がれていかれるチャレンジ精神。多くの技術の蓄積は、すべて失敗の山から掘り出した、遺産の活用と反省から成るものでありました。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。