教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数147
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
    カウンセリングとは、治療者が問題を抱えた人などを対象に言葉によるコミュニケーションを通して問題の解決を援助する方法である。精神的身体的な領域で問題を持ち、自分の人生に不安を持ち悩む人に心の交流を図り、援助を与える人間の行為である。問題を抱えて相談する人をクライエント、相談を引き受け治療する人をカウンセラーという。カウンセラーは一定の訓練を通し、クライエントと望ましい特別な心の対人関係を持てることが要請される。心と心の関係の中でクライエントは、色々な症状や障害を除き、その人自身が変容して生き方の再発見・新しい自己を確立できるのが、カウンセリングの相互作用における働きである。カウンセラーは、クライエントの話に耳を傾け、クライエントの気持ちを受容、共感的に理解し、クライエントが気付いていない問題などを映し出し、クライエントが自己探求や自己理解を深めることを手助けする。最終的に、クライエント自身が問題を自ら解決できるようにする。
    カウンセリングには、クライエントが抱える問題の解決を目的とする治療的カウンセリング、問題を抱え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。