教育心理学 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数113
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『象徴機能の発生について説明せよ(説明には子どもの行動についての具体的研究例も提示する)。また、教育との関連で大切な点を説明しなさい。』
    認知研究は、認知に関わる機能や知的能力の関心があり、認知とは、現実の環境で生きる生物体が上手く生きるのに適した形で環境から情報を処理し、その意味を作り変える働きである。知覚、認知、記憶、思考の働きを含み、ピアジェは、これを同化と調節で均衡化する連続した過程とし、思考の発達の発達段階を唱えた。論理操作の完成段階までをまとめ、各段階は独自の構造を持ち、その構造がその段階に示す子どもの認知的活動の仕方を規定した。発達段階は、0~2歳を感覚運動的段階、2~7,8歳を前操作段階、7~12歳を操作的段階とし、操作的段階には具体的操作期、形式的操作期に区分する。感覚運動的段階は人物や事物を識別し、存在の持続性を認識し発話と象徴的思考をする。前操作段階は自己中心的発話や思考が出て、ごっこ遊びなど象徴的思考が発達する。具体的操作期に、具体的な事物や数を使う抽象的、論理的思考を持ち、思考の脱中心化と社会的行動が始まり保存の概念を得る。物の見え方の思考の誤りはないが、具体..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。