教育社会学 第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数72
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。』
    日本では今まで、学歴社会の考えはあまりよいものではなく、特に「受験地獄」や「偏差値輪切り体制」などの言葉が用いられた。これは、その人間が内面的にもつ「本来の資質」を考慮せず、表面上の「勉強ができるかどうか」だけで、その人間を評価する理不尽で非人間的な社会であるとされた。現在は、学歴社会の崩壊が盛んに叫ばれ、一流の大学を卒業後、一流企業に就職したが、リストラや倒産により職を失うことが起きている。
    その学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」である。学歴は配分の基準として考えられ、社会の社会的地位、職業的地位の限られた資源配分の重要な基準の一つを学歴に求める。学歴社会と混同されるのは、高学歴社会である。高学歴社会とは、「高学歴者が数量的に多い社会」という以上の意味をもたず、つまり、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える社会で、日本は、アメリカ合衆国やカナダと並び、数少ない高学歴社会の一つである。論理的には「低学歴社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。