ドイツ語演習

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数240
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考にどうぞ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会学科
    ベートーベン~代表作とその時代背景~
    ベートーベンは1770年に生まれ、1827年にその生涯を閉じたといわれている。18世紀から19世紀にかけて活躍した彼であったが、当然時代は彼の音楽にも影響を与えている。当時、歴史の中ではナポレオンの登場と失脚、フランス革命、そして産業革命など、世界的にも激動の時代で、音楽もいままでの宮廷音楽から市民のための音楽に変わり行く過渡期だった。しかしモーツァルトの登場によりクラシック音楽はキリスト教的世界観からの自由を獲得し、ベートーベンの音楽にも新しく生まれた「個人」という概念、そして産業革命から得た人々の自信のようなものが息づいている。
     ベートーベンのもっとも有名な楽曲「運命」。ベートーベンはこれについて『Schicksal so schlägt die Tür(運命はかく扉を叩く)』と語った。第九交響曲の初演はベートーベンが指揮をとり、その素晴らしさに観客が興奮、途中から激しい拍手が会場を包んだという。しかしすでに耳に障害も持ち、音が聴こえづらかったベートーベンはそれに気づかず、見かねたアルト歌手のウンガーが手を添えて振り向かせ、ようやく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。