コンプライアンス必要性と刑事責任

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数480
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    コンプライアンスの必要性はご存知のとおりと思いますが、企業の不祥事がなかなか
    後を絶たない状況において、再度企業意識の改革と注意点どうしても違反がおこってしまった場合の注意点、あまり知られていない刑事責任等追求について、マニュアル作成のポイント、チェックリストサンプルを、レポートをこころみてみた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    コンプライアンスの必要性と刑事責任
    コンプライアンスの必要性はご存知のとおりと思いますが、企業の不祥事がなかなか
    後を絶たない状況において、再度企業意識の改革と注意点どうしても違反がおこってしまった場合の注意点、あまり知られていない刑事責任等追求について、マニュアル作成のポイント、チェックリストサンプルを、レポートをこころみてみた。
    時勢
    ア、従来の社会では自動的に事前規制が働いていました。
    従来は企業が事業を実施する場合、会社は監督官庁などにお伺いを立てて、お墨付きをもらって行動を開始するのが一般的でした。監督官庁が指導の名目でそのビジネスに一定の規制を事前に加えようとするということも、珍しいことではありませんでした。
    こういった事前規制の社会では、企業ではコンプライアンスを特に意識しなくても支障はあまりありませんでした。
    イ、国際化の進展で事前規制から事後規制へ
    その後、国際化に伴い海外から日本に進出する企業が増えてくると、事前規制の手法に対して批判が加えられるようになり、事前規制という運用は段々と控えられるようになりました。そうすると事前規制とは別の問題が生じてきます。これまで事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。