就活に役立つ業界別財務分析レポート(メーカー・製造業編)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数924
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    民間調査会社の調査で製造業の倒産が2001年以降初の2000件超となった
    とのことで、これから就活を行うにあたり就職先企業の状況を事前に対策を
    立ててもらえればと思い

    【 就活に役立つ業界別財務分析レポート(メーカー・製造業編)】

    としてレポートにまとめてみました。

    まずは調査会社帝国データバンクの記事の一部を抜粋していますので
    ご覧ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    民間調査会社の調査で製造業の倒産が2001年以降初の2000件超となった
    とのことで、これから就活を行うにあたり就職先企業の状況を事前に対策を
    立ててもらえればと思い
    【 就活に役立つ業界別財務分析レポート(メーカー・製造業編)】
    としてレポートにまとめてみました。
    まずは調査会社帝国データバンクの記事の一部を抜粋していますので
    ご覧ください。
    2009 年の倒産件数2084 件、
    2001 年以降では初の2000 件超
    ~中部は前年比53.1%増と大幅増加~
    はじめに>>
    2009 年は、前年11 月の金融検査マニュアル別冊改定後の金融機関による柔軟なリスケ対応に加え、中堅・大企業向け緊急支援策の効果や、事業再生ADRなどの私的整理の活用が進み、第2四半期以降、大型倒産の沈静化が見られた。
    そのようななか、世界的な需要急減によって、大手メーカー各社の減産の影響などから製造業の倒産が多発した。今後においても「中小企業金融円滑化法」や「企業再生支援機構」などの再建スキームは打ち出されているものの、為替相場の動向次第ではメーカーの収益が一段と悪化しかねず、決算を睨んで在庫調整をすすめるなか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。