子ども手当てと経済効果

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,382
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    子ども手当ては単に子どもを持つ親だけに関係するのではなく、少子高齢化対策として福祉、そして財源は国の財政に
    影響を及ぼし、その効果は国の経済に影響を及ぼすものとなるため色々と議論されているところですが、その問題点を
    再度確認検討するためレポートとしてまとめ整理してみました。

    子ども手当てが支給されるとすると単純には支給額分が収入に増額されるので、その結果家計がラクになると
    考えてしまうのですが、一方でその実現性、実施による不公平などが生じてしまうことが主に議論されているところです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子ども手当てと経済効果について
    子ども手当ては単に子どもを持つ親だけに関係するのではなく、少子高齢化対策として福祉、そして財源は国の財政に
    影響を及ぼし、その効果は国の経済に影響を及ぼすものとなるため色々と議論されているところですが、その問題点を
    再度確認検討するためレポートとしてまとめ整理してみました。
    子ども手当てが支給されるとすると単純には支給額分が収入に増額されるので、その結果家計がラクになると
    考えてしまうのですが、一方でその実現性、実施による不公平などが生じてしまうことが主に議論されているところです。
    子ども手当てとは
    長期にわたって民主党が主張してきた政策で、
    15歳の4月1日の前日までの子どもの保護者に毎月2万6千円を支給する予定。
    ただし、初年度(2010年度)のみ月1万3千円となる予定。
    問題点
    問題点としては主に以下の3点が挙げられている。
    扶養控除、配偶者控除の廃止
    財源不足
    不公平感
    次にそれぞれの問題点について、いろいろの角度から検討してみたいと思います。
    扶養控除、配偶者控除の廃止について
    この点に関しては、現在の扶養控除38万円、配偶者控除38万円をなく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。