広告論-分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数292
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経済学者、社会学者やその他の人々は、広告に対して経済的問題、社会的問題等の全面にわたって、意見の不一致があり、現在も広告に関する議論が盛んに行われている。本レポートでは、これらの擁護的見解と批判的見解を経済的・社会的な観点で考察し、広告の経済的意義と社会的意義を説明する。
    はじめに、広告の経済的機能として先ず挙げられるのが、需要の刺激である。消費者が広告された商品やサービスを見て、それを使ってみたくなる事である。現代の様に日常生活上必要なものが殆ど揃っている状況下では消費者は積極的な購買意欲を持たない為、広告によって消費者に注意喚起を行い商品の情報を伝達し、消費者ニーズを呼び起こす機能である。次に、流通費を削減する機能を持っている。メーカーが新製品を販売しようとする場合、広告がなければ自社商品を販売するための費用が余計に掛かってしまう。広告で事前に情報が与えられていれば、流通業者も販売に要する手間が省け、メーカーにとってはプロモーション費用の削減にも繋がり、流通費節約となる。しかし、これら経済的な長所に対し、否定的な学者の意見もある。フレイは4つの主要な広告批判を挙げているが、そのうち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。