貿易論-分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数194
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     本レポートでは、1995年に成立したWTOの内容と成立に至った背景を通じて、貿易の変化について、説明したい。
    はじめに、WTO(World Trade Organization)とは世界貿易機関の事で、WTOはそれまでのGATT(関税と貿易に関する一般協定)に代わり、
    1995年1月に発足した。本部はスイス・ジュネーブにあり、2008年11月現在で153ヶ国・地域が加盟をしている。WTOは、各国が自由にモノ・サービスなどの貿易ができるようにするためのルール(=各種の協定)を決め、貿易障壁を削減・撤廃する為に、加盟国間の貿易交渉の場を提供する国際機関である。また、WTOには貿易に関する国際紛争を解決するためのシステムが設けられている。WTO協定の目的は、①生活水準の向上、②完全雇用の確保、③高水準の実質所得及び有効需要の着実な増加、④資源の完全利用、⑤物品およびサービスの生産及び貿易の拡大などがあり、これら目的に寄与すべく、関税その他の貿易障害を実質的に軽減し、国際貿易関係における差別を廃止する為の相互的かつ互恵的な取極めを締結する為の協定である。国際貿易に市場経済原理を及ぼす為に貿易..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。