旧司法試験 昭和54年 刑法 第1問 答案

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数337
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    刑法 旧司法試験 昭和54年 第1問
    一 問題
     甲は、乙と路上で口論していたが、乙が突然隠し持っていた短刀で切りかかってきたので、とっさに足もとにあったこぶし大の石を拾って投げつけたところ、石は、乙の額をかすり、さらに、たまたま、その場を通行中の丙の目に当たった。そのため、乙は全治3日間の傷を負い、丙は片目を失明した。  甲の罪責を論ぜよ。
    二 解答
    1 甲の乙に対する罪責について
    甲が石を投げつけた行為について、傷害罪(204条)が成立しないか。以下検討する。
    まず、石を投げつける行為は、人に向けられた不法な有形力の行使であり、実行行為性が認められる。そして、乙は全治3日間の傷を負っており、乙の生理的機能を害しているため「傷害」結果も発生している。また、かかる結果が発生することは社会通念上相当といえ、因果関係も肯定される。そして、甲は「とっさに」石を拾って投げつけているとはいえ、石は手にとれば硬さや形状や重量が分かり人を傷つけるおそれがあるか否かも判断できるため、甲は傷害の故意に欠けるところはない。
    よって、甲の上記行為は傷害罪の構成要件を充足する。
     (2) もっとも、甲は乙が短..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。