ガラス細工

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数1,648
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ガラスの特性とガラス細工によるスポイトの作成法についてのレポートです。参考文献は学校の実験テキストなのでレポートの参考にはし辛いと思いますが「ガラスの特性を知る」という上で問題はないと思います。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1. ガラスについて
     ガラスはとSiO2を主成分とする非晶質の固体である。ガラスは組成の違いから、石英ガラス、パイレックスガラス、硬質ガラス、軟質ガラスなどに分類され、それぞれの特性に応じた利用がされている。
    石英ガラスはSiO2のみから成るガラスであり、膨張係数が最も小さく、温度変化による破損を起こしにくいが、加工温度が1700~1800℃と高いこと、高価であることから、特殊な実験器具のみに用いられる。そのため、ビーカーやフラスコなどの実験器具として、パイレックスガラスが用いられることが多い。これは、膨張係数が石英ガラスについで小さいため、1000℃程度で加工が可能であるためである。硬質ガラスも同様に理化学器具に用いられている。これに対し、軟質ガラスは加工温度が最も低く、バーナーでの加工が最も容易なガラスである。そのため、ガラス管を用いたガラス細工には軟質ガラスが用いられる。
    これらのガラスは、前述の性質の他に、いくつかの共通の性質を持っており、この性質はしばしばガラスの利用、加工に用いられる。(表1)
    表1. ガラスの性質
      性 質 利用における長所 熱に強い 化学薬品に侵され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。