微生物実験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数1,914
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今実験では、カビ(A.oryzae NBRC 30113)、酵母(S.cerevisiae NBRC 0304)、枯草菌(B.subtilis NBRC 3009)、大腸菌(E.coli NBRC 3301)の4つの菌を、自作の倍地に植菌、培養し、肉眼観察、顕微鏡による観察、菌数計算板による生菌数の測定、グラム染色を行い、得られた結果から、菌の持つ性質を調査し、菌を分類した。

    序論
    ●微生物とは

    実験方法
    ●綿栓の作成
    ●培地の作成
    ●微生物の植菌
    ●微生物の培養

    観察・結果
    ●カビの観察
    ●酵母の観察
    ●枯草菌、大腸菌の観察 ]
    ●グラム染色

    考察
    ●カビの観察について
    ●酵母の観察について
    ●菌数計算板による全菌数の測定
    ●枯草菌の観察について
    ●大腸菌の観察について
      
    参考文献

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    序論
     微生物とは、肉眼で見ることができない非常に小さい生物である。しかし微生物は、日本酒、ビール、ワインなどの製造(酵母の利用)、抗生物質の原料などとして、私たちの生活の中でさかんに利用されている。
     今回の実験では、カビ(A.oryzae NBRC 30113)、酵母(S.cerevisiae NBRC 0304)、枯草菌(B.subtilis NBRC 3009)、大腸菌(E.coli NBRC 3301)の4つの菌を、自作の倍地に植菌、培養し、肉眼観察、顕微鏡による観察、菌数計算板による生菌数の測定、グラム染色を行い、得られた結果から、菌の持つ性質を調査し、菌を分類した。
    実験方法
    綿栓の作成
    綿を一辺6~7cm程度の正方形に千切り取り、四隅をちぎって円形にした。綿を丸めたものを包み込み、首の長さを調整し、ねじ込むようにして試験管に詰めた。(図1)同様にして、綿栓をつけた試験管を30本作成した。このときの注意点は、以下の3つである。
    頭の部分が柔らかすぎないか。また、破けていないか。
    首の部分が細すぎないか。(試験管から首がぬけやすくなるため)
    しわができていないか。(試験管と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。