Ⅳ族分析

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数506
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    第Ⅳ族イオンの化合物の溶解度の差を利用して試料溶液中の第Ⅳ族イオンを分離し、個々のイオンの溶液に確認試験を行い、その結果から第Ⅳ族イオンの存在の有無を判定することを目的とする。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    目的
    第Ⅳ族イオンの化合物の溶解度の差を利用して試料溶液中の第Ⅳ族イオンを分離し、個々のイオンの溶液に確認試験を行い、その結果から第Ⅳ族イオンの存在の有無を判定することを目的とする。
    理論
    各イオンの化合物の特性、反応の違いを利用し、一つを固相に、ほかを液相にして、分離する作業を繰り返し、目的の物質を検出する。
    手順
    1. 分属
    試料に6mol/L NH4Cl 15mL 、6mol/L NH4OH 15mlL を加えて液性を調節、その後分族試薬1mol/L Na2S 2mL を加え、ろ過した。
    2. 沈殿物CoS、ZnS、NiS、MnSの分離
       1.の沈殿物をビーカーに移し、5分ほど放置し、1mol/l HCl 15 mL を加え、沈殿を繰り返しろ液で洗いながらろ過した。
      沈殿物はA(CoS、NiSの分析)へ、ろ液はB(Mn2+、Zn2+の分析)へと続く。
    A. CoS、NiSの分析
       沈殿物を蒸発皿に移し、王水1~2 mL を加え、沈殿が解けるまでドラフト内で過熱、ろ過を行った後、ろ液を蒸発皿に移し、ドラフト内で蒸発乾固した。
      放冷後、イオン交換水15 mLを加え、溶..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。