倫理学テスト対策 評価:優

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数346
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    倫理学のテスト対策です。評価は今年のテストで「優」でした。
    参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    倫理学テスト対策
    共同体と利益社会との違いについて記述しなさい(p155)
    ドイツの社会学者テンニースが、社会的基礎の定型を
    ゲマインシャフト「共同体」(英語のコミュニティ)とゲゼルシャフト「利益社会」(英語のアソセーション)とに定立した。
    共同体→「社会的に存在するものの共通の社会的生活の焦点」として一般に「共同生活の地域、場」である
    といわれている。
    そこには、そこで生活を営む人々が共通に了承し、理解しあっている生活様式、伝統、しきたりや
    言葉遣いがあり、彼らはそれらに暗黙裏に従っている。
    一つの共同体が共同体とみなされるかどうか、またほかの共同体と区別されるのは、こうした共通の生活様式、
    しきたりや言葉遣いが存在し、展開されているかどうか、またどのような種類なのかにかかっている。
    ムラ=共同体といえる。協力、相互扶助、共同。統合的。
    同似生活様式を持ち、共通言語を用いて互いに意思を疎通させ、一つの共同意思を作る。
    同じ地域に居住して利害を共にし、政治・経済・風俗などにおいて深く結びついている人々の集まり(社会)のこと(地域社会)。
    利益社会→一つ以上の類似あるいは共通の関心の追及..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。