環境指導法テスト対策 評価:良

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数653
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境指導法テスト対策
    保育者が日々の中で、子どもの育ちを促すために環境を考え構成する意義と、あなたの考える子どもの育ちを促す環境とはどのような環境なのか論述しなさい。 幼稚園教育要領は、「幼稚園教育は、幼児期の特性を踏まえ、環境を通して行うものであることを基本とする」と述べ、幼稚園教育における環境の重要性を述べている。幼児は、生まれた時から、環境との相互作用によって成長していき、生きるための学習は、全て環境からもたらされる。環境が人間を生かし、環境が人間を育てるのである。食物の摂取、衣服の着脱、洗濯、清潔の維持、これらが与えられるのはすべて父母の助けによるものであるから、父母をはじめとする保育者などは「人的環境」となり幼児にとっての大切な環境である。
    幼児期の成長は大変早く、脳は4歳時に、成人の脳の80%に達する。このことから、人間は学習設備を持って生まれ、それを用いて誕生後に急速な学習を行うことが分かる。人間の成長は、環境から得る「体験と知識」によると言えるであろう。よって、「環境が人間を作る」と解釈できる。
    これらから環境が幼児に大きな影響を与えることは確実であり、環境こそ教育者で..

    コメント1件

    kiss 非購入
    これは6設題すべてあるのですか?
    2013/12/20 21:08 (3年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。