環境指導法テスト対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数649
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ●環境は幼児にとってどのような意味があるのか
     幼稚園教育要領は、「幼稚園教育は、幼児期の特性を踏まえ、環境を通して行うものであることを基本とする」と述べ、幼稚園教育における環境の重要性を述べている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境指導法テスト対策
    ●環境は幼児にとってどのような意味があるのか
     幼稚園教育要領は、「幼稚園教育は、幼児期の特性を踏まえ、環境を通して行うものであることを基本とする」と述べ、幼稚園教育における環境の重要性を述べている。
     幼児は、生まれたときから、環境との相互作用によって成長していき、生きるための学習は、全て環境からもたらされる。
     環境が人間を生かし、環境が人間を育てるのである。
     食物の摂取、衣服の着脱、洗濯、清潔の維持、これらが与えられるのはすべて父母の助けによるものであるから、
    父母を始めとする保育者などは「人的環境」となり、幼児にとって大切な環境である。
     幼児期の成長はたいへん早く、脳は4歳時に、成人の脳の80%に達する。このことから、人間は学習設備を持って生まれて来、それを用い誕生後に急速な学習を行うことが分かる。
    人間の成長は、環境から得る「体験と知識」によると言えるであろう。
    よって、「環境が人間を作る」と解釈できる。
     これらから、環境が幼児に大きな影響を与えることは確実であり、環境こそ教育者である。
     しかし、幼児は環境から直接に経験と知識を得るのではなく、大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。