家庭科教育法 第1設題 (A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,524
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0620 家庭科教育法 A評価レポートです
    ご参照ください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)「新しい小学校学習指導要領家庭科の示す学習内容A~Dについて、今あなた自身が実践できているか述べなさい。」
    A.家庭生活と家族
    (1)ア:出来ている。日々自信が成長していることを実感し、家庭・家族の大切さを実感している。
    (2)ア:出来ていない。休日の掃除等は手伝えているが、毎日の家事をなかなか手伝えていない。
    イ:出来ていない。外出などでついつい帰りが遅くなり、深夜に帰宅したりしてしまう。
    (3)ア:出来ている。食事は必ず一緒に取り、家族との会話を大切にしている。
     イ:出来ていない。近隣住民と中々触れ合う機会がない。地域のイベントにも参加できていない。
    B.日常の食事と調理の基礎
    食事に関しては毎日3食しっかり採り、栄養にも気を遣い、野菜を食べるようにしている。また、家族との団欒を大切にし、一緒に食事を楽しむようにしている。しかし、調理や食後の片づけ等に関しては母親に任せきりで、全く自身では行っていない。せいぜい米を炊く手伝いをする程度。(出来ていない)
    C.快適な衣服と住まい
    (1)ア:出来ている。衣服の意義を理解し、気温室温に合わせて適切な衣服を選んでいる。
    イ:出来てい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。