教育心理学 第2設題(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数890
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0105 教育心理学 
    第2設題合格レポート(A評価)です
    ご参照ください

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。」
     人間はさまざまな環境に中で生活している。人それぞれが暮らす環境は刻々と変化をしている為、人が生きていくためには、その環境に順応して行動しなくてはならない。また、人は自らの欲求を満たして行動できるように行動を調整していかなくてはならない。主体としての個人が、自身のもつ欲求を満足させようとして、環境の諸条件と調和するためにとる行動や態度の調整を「適応」という。ここでいう「適応」とは、生物学的意味の適応を指すのではなく、人間の環境に順応しようとする生理的反応であり、受動的な行動である。人は生活する上で家庭や近隣、学校や職場といった社会的環境に対して心理的・文化的「適応」がより重要になる。つまり、適応とは個人と環境との相互作用において、両者間に何らかの一致ないしは調和の状態がある場合をいう。そして、人間は適応するために、欲求を満たそうとして目標を定めたり、課題を完成させたり、学習や訓練を受けたり、時には環境そのものを変化させようとするなどして、自らの行動を調整するのである。
     人間の行動には必ず背景があり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。