教育社会学 第1設題(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数620
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0106 教育社会学 第1設題「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べて下さい。」

    合格レポート A評価です。
    ご参照ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べて下さい。」
     学歴社会とは、社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会であると考えられ、例えば一般企業において、学歴によって給与体系が違ったり、出世に左右したりするものである。一方、「学歴社会」とよく混同される言葉に、「高学歴社会」がある。高学歴社会とは、単に高学歴者の多い社会を意味する言葉であり、具体的には高校卒業後に大学等の高等教育機関への進学率が50%を超える社会であるとされている。「学歴社会」は学歴が配分の基準として用いられる社会と考えられているものであり、「高学歴社会」とは意味するところが異なる。重要なのは、学歴社会とは単に教育を重視する社会という訳ではない。教育の充実という問題は、日本のみならず世界各国における最重要課題であるが、教育を重視する社会が学歴社会であるならば、どの国もどの社会も学歴社会ということになる。教育を重視するという意味以上のものが、学歴社会の中の教育にはあるのである。
      明治維新後、拓かれた世界において必要となった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。