1301 社会システム論 ~1、権利と義務との関係について論じなさい 20090111

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数85
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会システム論権利と義務1301

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目コード1301 社会システム論 ~1、権利と義務との関係について論じなさい。 2、最高裁判所の違憲審査権についてまとめなさい。~
    序章
     今回は、このレポートにおいて、今まであまり考えてこなかった「権利と義務の関係」と「最高裁判所における違憲審査権について」考えてみることにする。
    第1章 権利と義務の法的意義について
     権利の法力説の観点から考えてみると、次に述べるような形となる。
     (1)法的に、権利は力であるといるということである。権利は法律上主張できるものなのである。(2)権利の目的になる利益や人間が社会生活を保ち、向上させていくための生活利益一般のことを法益というが、法益は財産上の利益と限られているわけではない。非財産上(生命など)の利益も法益となるのである。今まで述べてきたことを、具体的に考えてみると、当然のことだが誰かからお金を借りると、必ず返さなくてはならない。これは、お金を借りたものには返還を命じると共に、貸した方は、返してもらえるという期待をもっており、これは、貸し主が借り主に返還するように請求「できる」ということは法律上の可能性、いわゆる法的な力があるのである。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。