教育カウンセリング論 科目修得試験 対策 日本大学 通信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数550
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    過去問を分析し、よく出題される問題の模範解答を作成しました。テスト勉強にお役立ち下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    カウンセリングの意義・目的・必要性
    カウンセリングとは言語および非言語的なコミュニケーションを通して、クラエントの思考、行動、感情に何らかの変容をもたらすよう援助する援助的人間関係である。
    どのような行動の変容を目指すかによって、以下のように分類できる。
    治療的カウンセリング
    行動の変容を「問題解決」と捉える場合のカウンセリングである。クライエントが悩んだり困ったりしていることに対して、その解決方法、手だてがつくように援助することである。例えば、高所恐怖症で悩む人が実際に高いところを怖がらなくなることや、高いところは怖いとしてもパニックにならずに平気でいられるように、困らなくなるための援助である。また、親子関係や職場の人間関係で悩む人が、悩まずにすむように援助することも治療的カウンセリングの範疇である。
    (2)予防的カウンセリング
    問題や悩みが生じてから手を打つよりは、もっと早い時期に対策が講じられれば無用なエネルギーを使わなくすむ。例えば、学校での教育活動は、不適脳を予防するように計画されている。昨今の子供達の成長に合わせて、早い時期に性教育を行ったり、部活動を通じて友情や自己効力感..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。