道徳教育の研究 合格 評価A 日本大学 通信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数514
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    二十一世紀に入り「自ら学び自ら考える力」、すなわち「生きる力」の育成に教育の重点が置かれている。そして、この「生きる力」の育成の為に道徳教育の存在は必要不可欠なものである。
     まず初めに「道徳の時間」の目標と内容について述べ、その後、指導方法について
    記述していく。
     「道徳の時間」の目標として、第一に「計画的、発展的に指導する」ことが挙げられる。ここで重要なのは全教育活動との関連を明確にし、生徒の発達の段階に即して、道徳の価値内容について計画的に指導していくことである。第二に「全体で行う道徳教育を補充、深化、統合する」ことである。これは各教科や特別活動での直接的な体験を通して行われる道徳教育を生徒が十分に理解出来るように働きかけることである。生徒達の考えや発達を考慮して、道徳の時間の説明を行うことで生徒の理解はよりいっそう深まるのである。また道徳性が生徒自身の心に根付き生徒自身の中で統合され、実践にまで到達することも目標である。第三に「人間としての生き方についての自覚を深める」ことが挙げられる。ここでは教師自身も人格の完成を目指して努力する姿勢を持ち続け、生徒の良きお手本となり、生徒を感化することが重要である。生徒が人間としての生き方についての自覚を深め、真剣に考えるように指導していくことが重要である。第四に道徳的実践力を育成することである。これは生徒の道徳的心情を豊かにし、道徳的判断力を高め、そして道徳的実践意欲と態度の向上を図ることである。ここで重要なのは、生徒の内面に根ざした指導が必須であり、生徒の道徳的心情を動かせた時に初めてこの目標が達成されるということである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     二十一世紀に入り「自ら学び自ら考える力」、すなわち「生きる力」の育成に教育の重点が置かれている。そして、この「生きる力」の育成の為に道徳教育の存在は必要不可欠なものである。
     まず初めに「道徳の時間」の目標と内容について述べ、その後、指導方法について
    記述していく。
     「道徳の時間」の目標として、第一に「計画的、発展的に指導する」ことが挙げられる。ここで重要なのは全教育活動との関連を明確にし、生徒の発達の段階に即して、道徳の価値内容について計画的に指導していくことである。第二に「全体で行う道徳教育を補充、深化、統合する」ことである。これは各教科や特別活動での直接的な体験を通して行われる道徳教育を生徒が十分に理解出来るように働きかけることである。生徒達の考えや発達を考慮して、道徳の時間の説明を行うことで生徒の理解はよりいっそう深まるのである。また道徳性が生徒自身の心に根付き生徒自身の中で統合され、実践にまで到達することも目標である。第三に「人間としての生き方についての自覚を深める」ことが挙げられる。ここでは教師自身も人格の完成を目指して努力する姿勢を持ち続け、生徒の良きお手本となり、生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。