教育の方法・技術論 合格 評価A 日本大学 通信

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数646
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    授業形態は以下の3つに分けられる。一斉学習・小集団学習・個別学習である。近代公教育は一斉学習を学校教育の中心に置き、教育活動が行われてきた。しかし、20世紀初期からの心理学の発達による個人差の発見、個人主義思想の高まりによる個人差の尊重等の影響を受け、授業形態の多様化が重要視されるようになった。
    まず初めに授業形態の変遷ついて述べていく。コメニウスの「大教授学」での一斉授業の有用性の主張を受け、19世紀初期、イギリスのベルとランカスターが考案したモニトリアル・システムにより、一斉学習が広く普及した。この授業形態は旧来の個別学習の方法と比較して、効率的かつ安上がりであり、ある一定の知識・技術を大量に教授できるという点で、近代国家の進展にともない国民教育制度の一環として採用された。しかし、19世紀中期から20世紀初期にかけ、この授業形態は個性を伸ばす為には不十分であるとの批判が生じ、小集団学習、個別学習等の様な個性化にも対応できる学級組織の編成案が数多く出された。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    授業形態は以下の3つに分けられる。一斉学習・小集団学習・個別学習である。近代公教育は一斉学習を学校教育の中心に置き、教育活動が行われてきた。しかし、20世紀初期からの心理学の発達による個人差の発見、個人主義思想の高まりによる個人差の尊重等の影響を受け、授業形態の多様化が重要視されるようになった。
    まず初めに授業形態の変遷ついて述べていく。コメニウスの「大教授学」での一斉授業の有用性の主張を受け、19世紀初期、イギリスのベルとランカスターが考案したモニトリアル・システムにより、一斉学習が広く普及した。この授業形態は旧来の個別学習の方法と比較して、効率的かつ安上がりであり、ある一定の知識・技術を大量に教授できるという点で、近代国家の進展にともない国民教育制度の一環として採用された。しかし、19世紀中期から20世紀初期にかけ、この授業形態は個性を伸ばす為には不十分であるとの批判が生じ、小集団学習、個別学習等の様な個性化にも対応できる学級組織の編成案が数多く出された。
    1908年、アメリカのヘレン・パーカストによって、自由と共同の原理に基づくドルトンプランが考案された。生徒は、教師と一緒に立て..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。