発達と学習  日本大学 通信 合格 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数750
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学習に対する内発的動機づけの重要性について論述せよ。また、やる気を強めるために大切だと考えられることを研究例をあげて説明せよ。

    動機づけ(モチベーション)とは、人間や動物の行動を一定の方向に向けて生起させ、持続・調整させる過程や機能の全般のことをさす。人間を含めた動物が行動を起こすのには何らかの動機(欲求、要求)が存在するのである。この動機を満たすためには、結果(目標)に到達できるよう、どんな行動をすればよいのかを考えて行動(手段的行動)することになる。動機は、「~したい、~なりたい」という心の内面から湧き上がってくる感情である。手段的行動とは「こうすれば」という方法であり、そして「こうなる」という結果(目標)を見すえて、それが実際の行動へとなり表面化してくる。動機づけとは、「動機(欲求、要求)→手段的行動→結果(目標)」という一連の流れの部分(実際の行動に至るまでの部分)である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学習に対する内発的動機づけの重要性について論述せよ。また、やる気を強めるために大切だと考えられることを研究例をあげて説明せよ。
    動機づけ(モチベーション)とは、人間や動物の行動を一定の方向に向けて生起させ、持続・調整させる過程や機能の全般のことをさす。人間を含めた動物が行動を起こすのには何らかの動機(欲求、要求)が存在するのである。この動機を満たすためには、結果(目標)に到達できるよう、どんな行動をすればよいのかを考えて行動(手段的行動)することになる。動機は、「~したい、~なりたい」という心の内面から湧き上がってくる感情である。手段的行動とは「こうすれば」という方法であり、そして「こうなる」という結果(目標)を見すえて、それが実際の行動へとなり表面化してくる。動機づけとは、「動機(欲求、要求)→手段的行動→結果(目標)」という一連の流れの部分(実際の行動に至るまでの部分)である。  
    動機付けは欲求の種類によって二つに分けられる。内発的動機づけと外発的動機づけである。外発的動機づけとは、義務、賞罰、強制等によってもたらされる動機づけである。人は、「ご褒美をもらいたい・誉めてもらいたい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。