異文化間コミュニケーション概論 日本大学 通信 合格 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,315
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 キリスト教の人々は、聖書を通して神から人間へと導かれる普遍的な生活様式と価値観があると理解している。これは、ある意味では、全人類は神の前では平等で、個人個人が神の規則に従うべきであるということを意味している。王様や王女でさえも、「全人類は神の前では平等で、個人個人が神の規則に従うべきであるという規則」に従わなければならない。これに対し、日本で生まれた宗教、神道は、最小の社会的構成単位は個人ではなく家族である。神道では、個人の存在は、個人の存在がグループの中の一部分である時にだけ意味するものである。仏教も日本社会の基礎単位として、家族を重要視する。このように日本的宗教を信仰する人々の人間関係によく注意を向けると、集団で居ることに価値を置き、これを最も重要視しているということがわかってくる。このように、社会の価値や規則は神によって決められるのではなく、代わりに、良い事・悪い事は、よく集団によって決められる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 
    キリスト教の人々は、聖書を通して神から人間へと導かれる普遍的な生活様式と価値観があると理解している。これは、ある意味では、全人類は神の前では平等で、個人個人が神の規則に従うべきであるということを意味している。王様や王女でさえも、「全人類は神の前では平等で、個人個人が神の規則に従うべきであるという規則」に従わなければならない。これに対し、日本で生まれた宗教、神道は、最小の社会的構成単位は個人ではなく家族である。神道では、個人の存在は、個人の存在がグループの中の一部分である時にだけ意味するものである。仏教も日本社会の基礎単位として、家族を重要視する。このように日本的宗教を信仰する人々の人間関係によく注意を向けると、集団で居ることに価値を置き、これを最も重要視しているということがわかってくる。このように、社会の価値や規則は神によって決められるのではなく、代わりに、良い事・悪い事は、よく集団によって決められる。
    倫理観、又は、我々がどのように振舞うべきかについての規則はどんな宗教においても重要な部分である。キリスト教の最も重要な教えの一つは、神は全人類を愛していること、そして、我々は、個..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。