慢性腎不全の機序、メカニズム、看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数2,878
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    種々の慢性腎疾患が徐々に進行したり、急性腎不全が遷延して腎機能障害が高度となり、腎による生態内部環境の恒常性が維持できなくなった状態である。慢性腎不全は不可逆的で腎機能が回復する可能性はなく、年月単位で腎機能が低下していく。
    通常GFRが50ml/dl以下、血清クレアチニンが2.0mg/dl以上をいう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    慢性腎不全
    概念 種々の慢性腎疾患が徐々に進行したり、急性腎不全が遷延して腎機能障害が高度となり、腎による生態内部環境の恒常性が維持できなくなった状態である。慢性腎不全は不可逆的で腎機能が回復する可能性はなく、年月単位で腎機能が低下していく。
    通常GFRが50ml/dl以下、血清クレアチニンが2.0mg/dl以上をいう。 原因 ほとんどすべての腎疾患は慢性腎不全に行こうする可能性がある。慢性腎不全の原因疾患は以下の表に示す。最も多いものは、慢性糸球体腎炎で、慢性腎盂腎炎、腎硬化症、ループス腎炎、多発性嚢胞腎、痛風腎が多い。
     近年、糖尿病性腎症の増加が著しく、1998年には、慢性腎不全に対する最後の治療法である透析療法に新たに導入された疾患の中で第1位となった。糖尿病性腎症が42.9%、慢性糸球体腎炎が25.6%(2006年)
    ((慢性腎不全の原因疾患))
    糸球体疾患
    糸球体腎炎、グッドバスチャー症候群
    腫瘍
    腎腫瘍
    尿細管疾患
    尿細管製アシドーシス、ファンコニ症候群
    膠原病
    SLE、結節性動脈周囲炎
    血管性疾患
    本態性高血圧、悪性高血圧、動脈硬化賞
    血液疾患
    溶血性尿毒症症候群、DI..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。