白血病の機序、メカニズム、看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数1,059
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    白血病
    概念 造血系細胞が骨髄の中で腫瘍化して、白血病細胞が自律的に増殖する疾患。骨髄・末梢血などの造血系臓器のみならず全身の諸臓器に浸潤する。そのため、正常造血が抑制され、治癒しないと急速に進行する致死的な疾患。                                            文献1)p83                                                 原因 白血病の原因はわかっていないが、多数の因子(放射線、遺伝的要因、ウイルス、化学物質、遺伝子〈染色体〉異常など)が、複数に絡み合って発症するものと考えられている。最近、成人T細胞白血病では、HTLV-1というレトロウイルスによる感染が重要視されている。 分類 白血病は、白血病細胞の増殖様式と臨床経過から、急性白血病と慢性白血病に大別される。さらに癌化(白血化:血液が白味を帯びること)する細胞の種類により、下図のように分類される。(FAB分類) 文献2)p129
    (1999年には、従来のFAB分類における形態学的分類に加え、染色体・遺伝子・細胞表面マーカーなどを加味したWHO分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。