小腸・大腸と排便の機序

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,116
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    小腸・大腸と排便の機序
    小腸 (長さ6~8m)
    【 十二指腸→空腸→回腸 →大腸】
    ・消化・吸収の90%以上を行う。
    ・3~6時間かけて分節運動・振子運動・蠕動運動で大腸へ移送。
    ・小腸のpHは弱酸性~中性~アルカリ性

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小腸・大腸と排便の機序
    小腸 (長さ6~8m)
    【 十二指腸→空腸→回腸 →大腸】
    ・消化・吸収の90%以上を行う。
    ・3~6時間かけて分節運動・振子運動・蠕動運動で大腸へ移送。
    ・小腸のpHは弱酸性~中性~アルカリ性
    大腸 (長さ1.5m、直径5~8㎝)
    【 虫垂(長さ6.5㎝)→盲腸(長さ5㎝)→上行結腸→横行結腸→
    下降結腸→S字結腸→直腸(長さ20㎝)    →肛門  】
    ・消化ほとんどしない。
    ・小腸で吸収された栄養の残りの水溶液から水分、電解質を吸収し、便を生成する。
    胃大腸反射→ 起床後の空虚な胃に食物が入ることで、結腸内容物が大蠕動運動により直腸に移る現象
    腸内細菌叢→ 100..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。