日本における脳死臓器移植

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,353
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    私は、莫大な募金を集め海外で臓器移植手術を行うニュースを見て、心のどこかで利己的なイメージを抱いていた。多くの人を巻き込んで生き延びるよりも宿命として事実を受容し、その中から何かを見出すことのほうが大切なのではないだろうかと思っていた。しかし、親となった今、我が子が移植以外に助かる術がないと宣告されたら、移植を希望する。欧米では数多くの脳死臓器移植手術が行われているが・・・

    「脳死臓器移植は法によって決められること以上に、個人の持つ死生観や価値観に委ねられることが大切である」と考えた点については、変わらず、法によって脳死を決定されることには違和感がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私は、莫大な募金を集め海外で臓器移植手術を行うニュースを見て、心のどこかで利己的なイメージを抱いていた。多くの人を巻き込んで生き延びるよりも宿命として事実を受容し、その中から何かを見出すことのほうが大切なのではないだろうかと思っていた。しかし、親となった今、我が子が移植以外に助かる術がないと宣告されたら、移植を希望する。欧米では数多くの脳死臓器移植手術が行われているが、日本では1997年に臓器移植法が成立したものの、脳死臓器移植は進んでいない。それはなぜだろうか。子どもというかけがえのない存在を持つ今、日本における脳死臓器移植の現状と問題点について詳しく調べてみたいと思った。
     文献を読み、臓器移植においては、脳死下で提供できる臓器と心停止後に提供できる臓器が異なるということがわかった。「心臓、肺、小腸、肝臓は心臓が止まるとすぐに酸素不足になるために傷害が起き、移植ができなくなる。傷害までの時間にも限りがあり、この許容時間が過ぎると臓器は機能を失う。また、心停止後でも提供可能な腎臓や膵臓も合併症のリスクを考慮すると、心停止後よりも脳死下での提供が望ましい」 と言われている。
    臓器移植の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。