地域h

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数498
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「在宅療養者および家族のセルフケア能力の向上を目指した援助を考えることができる」
     今回の演習を通してわかったことは、在宅療養者とその家族の持っている力を引き出し、活用することが重要であること、そして、それがセルフケア能力の向上につながり、QOLを高めることになるということである。
    在宅療養者および家族のセルフケア能力の向上を目指した援助をする際

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目標3:
    「在宅療養者および家族のセルフケア能力の向上を目指した援助を考えることができる」についての評価
     今回の演習を通してわかったことは、在宅療養者とその家族の持っている力を引き出し、活用することが重要であること、そして、それがセルフケア能力の向上につながり、QOLを高めることになるということである。
    在宅療養者および家族のセルフケア能力の向上を目指した援助をする際には、まず情報を収集することが必要である。今回はペーパーペイシェントであり、紙面上の限られた情報となったが、実際の場面においても、すべての情報が明らかになっていないことが多いと思われる。自分が冬休み中にしたアセスメントと、グループメンバーがそれぞれアセスメントした内容の情報を交換してみると、重なる部分も多かったが、不足している部分も多いことに気づき、人によりさまざまな視点があることも認識した。また、一人で計画を立案する際には、偏った考えになりがちだということも感じた。したがって、限られた情報の中から、さまざまな視点から情報を分析、解釈、判断する能力が自分にはもう少し必要であると感じた。在宅看護においては、自宅が生活の基盤..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。