P6101 英米文学概論 試験 5セット

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数519
ダウンロード数17
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    アメリカ代表的作家の長編小説
    シェークスピア時代の演劇
    アメリカ19世紀思想家エマスンとマーロウ
    近代英語が成立する前の言葉と文学
    ホイットマンとディキンスンについて

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1、アメリカの代表的な小説家の長編小説について
    長編小説は文学形式の一種で、小説のうちその分量が特に多く、構造的に長大なものを指す。以下、アメリカの代表的な長編小説についてみていく。
    ナサニエル・ホーソンの『緋文字』。17世紀のボストンのピューリタン社会を舞台に姦通の罪を犯した後に出産し、新しい人生を打ちたてようと努力する女性の物語である。ホーソンはこの作品によって髪の許しと律法主義、罪悪についての問題を模索している。
    ハーマン・メルヴィルの『白鯨』。モービー・ディックという鯨に片足を食われて義足となったエイハブ船長が、乗組員と共にその復習をする話。
    マーク・トウェインのトム・ソーヤと彼の親友の冒険談をつづった「トム・ソーヤの冒険」と「ハックルベリー・フィンの冒険」。
    ヘンリー・ミラーの『北回帰線』。1930年代フランス、パリの日常を過去と現在の視点で描いたもの。
    ウィリアム・フォークナー、アーネスト・ヘミングウェイ、ジョン・スタインベックは第一次世界大戦に参加し、心身ともに傷を負ってアメリカに帰国し、喪失感のなかそれまでの理想や希望に疑問を抱く。そのような彼らはロスト・ジェネレーショ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。