令状による捜索差押

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数807
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    令状による捜索差押についてまとめる。
    憲法35条
    1項 何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、捜索及び押収を受けることのない権利は、第33条の場合を除いては、正当な理由に基づいて発せられ、且つ捜索する場所及び押収する物を明示する令状がなければ、侵されない。
    2項 捜索又は押収は、権限を有する司法官憲が発する各別の令状により、これを行ふ。
    1捜索差押は場所に立ち入り、物、人を発見し又は物を強制的に取得する処分であるから個人のプライバシー、財産権等の重要な権利を侵害する虞があるから捜査機関とは別の中立公正な裁判官が事前に審査して司法的抑制に服せしめる必要がある。したがって、捜索差押には原則として令状を要する。
    すなわち、憲法35条は裁判官が捜索差押の前に審査して正当な理由があると判断して令状を発布する必要があると規定する。
    2①刑訴法219条の「罪名、差押えるべき物、捜索すべき場所」の解釈が問題となると問題提起する。
    思うに刑訴法219条1項の趣旨はプライバシー、財産権等の侵害の虞がある捜索差押についての範囲を限定することによって無限定な捜索差押を防止し、以ってプライバシー、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。