高齢者の介護は誰が担うべきか述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数342
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1. 日本の少子高齢社会の現状
    日本の総人口は平成16年10月1日時点で1億2769万人である。
    このうち65歳以上の高齢者人口は2488万人であり、総人口に占める割合すなわち高齢化率は19.5%となり、過去最高となっている。
    一般に高齢化している社会はその割合によって区分・呼称が異なっている。
    高齢化率7~14%の場合高齢化社会といい、14~21%の場合高齢社会といわれ、21%以上を超高齢社会という。
    日本は昭和45年で7%をむかえ高齢化社会に突入し、平成14年で14%に達し高齢社会と呼ばれる状況にある。
    高齢化率が7%から14%に達するまでの期間を倍化年数といい、高齢化の進展を示す指標として国際的によく使われている。
    日本はこの倍化年数は24年である。
    先進諸国と比較してみると、フランスは115年、スゥエーデンは85年、イギリスは47年、比較的短いドイツが40年である。
    このように、日本における高齢化は世界的に例を見ないスピードで進展している。
    つまり日本は高齢化問題についての解決をすぐにも迫られているのである。
    先進諸国の様にゆっくりと高齢化するのであればその国の風土、文化、状況に応じて柔軟な対応、確実な対策を行うことができるのだろう。
    日本では半分以下の時間で高齢化が進展してきた為、社会制度が追いついていけない部分があり、様々な弊害が発生している。
    また平成22年には超高齢社会に突入するといわれている。
    地域格差も今現在発生している。
    東京、大阪、愛知などの三大都市圏については高齢化率は低く、それ以外の地域、つまり地方においては高くなっている。
    しかし今後高齢化率は全て

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     高齢者の介護は誰が担うべきか述べよ。
    日本の少子高齢社会の現状
    日本の総人口は平成16年10月1日時点で1億2769万人である。
    このうち65歳以上の高齢者人口は2488万人であり、総人口に占める割合すなわち高齢化率は19.5%となり、過去最高となっている。
    一般に高齢化している社会はその割合によって区分・呼称が異なっている。
    高齢化率7~14%の場合高齢化社会といい、14~21%の場合高齢社会といわれ、21%以上を超高齢社会という。
    日本は昭和45年で7%をむかえ高齢化社会に突入し、平成14年で14%に達し高齢社会と呼ばれる状況にある。
    高齢化率が7%から14%に達するまでの期間を倍化年数といい、高齢化の進展を示す指標として国際的によく使われている。
    日本はこの倍化年数は24年である。
    先進諸国と比較してみると、フランスは115年、スゥエーデンは85年、イギリスは47年、比較的短いドイツが40年である。
    このように、日本における高齢化は世界的に例を見ないスピードで進展している。
    つまり日本は高齢化問題についての解決をすぐにも迫られているのである。
    先進諸国の様にゆっくりと高齢化する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。