精神障害者のケアマネジメントについて述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,628
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. ケアマネジメントとは
     精神障害者のケアマネジメントとあるが社会福祉援助技術のうち関連援助技術の中のひとつに位置づけられる。
    ケアマネジメントは、1950年代アメリカで生まれた。アメリカでは1963年のケネディ教書以降脱施設化が計られ精神障害者が地域で暮らすようになってきたが、適切な援助がない為にホームレスになるなど、必ずしも病院や施設より生活の質が向上したとは言えない事が明らかになってきた。
    その反省のもと、ケアや支援の継続性を確保する為に、サービスを調整する役割が重要視されるようになった。
     60年代に入って、要介護高齢者の在宅支援の仕組みとして、ケアマネジメントが応用されるようになった。その後、イギリスや多くの国でケアマネジメントが検討され、イギリスでは、全国的にケアマネジメントが導入されることとなった。
    日本では、2000年から始まった介護保険の中でケアマネジメントが位置づけられた。また、障害の分野でもケアマネジメントは実質的に実施されている。更に、児童虐待などの分野でも応用されている。
    厚生労働省より発表された、精神障害者ケアガイドラインは、障害者のニーズ中心のケアサービス提供を目指し、権利保障がうたいこまれている。ケアマネジメントを必要とする理由の一つとして、サービスの質の均一化があげられる。精神障害者ケアガイドラインでは、個人的資質によって差が生じないように作業手順やツールが決められている。
    ケアマネジメントの過程は①インテーク②アセスメント③プランニング④モニタリング⑤評価⑥終了であり、どの分野においても共通である。
    但し、高齢者においても疾患と障害を併せ持つ精神障害者に対しても同様の事が言えるが、個々人の生活に対する問題及び課題は単独である事はまず考えられず、評価後に新たな問題に対するケアマネジメントが必要となってくるケースはままある。容易に終結できるケースはないといえる。
    とはいえ終結をいつまでも先延ばしにしていくのも問題である。援助者との信頼関係が共依存の関係がすりかわってしまっては利用者の自立を阻害してしまうことに他ならない。
     終結後のフォローアップは必要であると思

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     精神障害者のケアマネジメントについて述べよ。
    ケアマネジメントとは
     精神障害者のケアマネジメントとあるが社会福祉援助技術のうち関連援助技術の中のひとつに位置づけられる。
    ケアマネジメントは、1950年代アメリカで生まれた。アメリカでは1963年のケネディ教書以降脱施設化が計られ精神障害者が地域で暮らすようになってきたが、適切な援助がない為にホームレスになるなど、必ずしも病院や施設より生活の質が向上したとは言えない事が明らかになってきた。
    その反省のもと、ケアや支援の継続性を確保する為に、サービスを調整する役割が重要視されるようになった。
     60年代に入って、要介護高齢者の在宅支援の仕組みとして、ケアマネジメントが応用されるようになった。その後、イギリスや多くの国でケアマネジメントが検討され、イギリスでは、全国的にケアマネジメントが導入されることとなった。
    日本では、2000年から始まった介護保険の中でケアマネジメントが位置づけられた。また、障害の分野でもケアマネジメントは実質的に実施されている。更に、児童虐待などの分野でも応用されている。
    厚生労働省より発表された、精神障害者ケアガ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。