精神障害者を対象とした集団援助技術について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数988
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神障害者を対象とした集団援助技術とあるが根本的には社会福祉援助技術のうちの一分野である直接援助技術の技法としての集団援助技術と相違はない。一部生活技能訓練等メソッドが固定のものもあるが基本的な流れは同一であるといえる。
    1. 集団援助技術(グループワーク)について
     グループアプローチは20世紀初頭アメリカの内科医J.プラットが結核患者の小グループを作って始めたことが最初とされる。同時期に精神科医C.マーシュによって精神障害者に対して行われるようになった。
     集団療法の定義としては、患者と患者の相互作用と治療者との相互作用の両方がグループの各メンバーの不適応行動の変化に、効果があるように用いられるとされる。
    また、個人の心理的障害や行動異常を解消するため、あるいは、更に自己実現の可能性を助成する為に、体系的理論に基づく計画的・組織的な集団方法を用いることであるともいえる。
    まとめれば治療者が理論に基づいて、集団の力を利用しつつ個人に働きかけることにより個々人の問題を軽減・解決する方法であると言える。
    その展開過程は次の4段階が考えられる。
    第1段階-準備期は、グループ活動を成立させ、利用者に援助目的の説明をおこなう。この援助目的に応じて、個々の利用者のアセスメントを行い、ニーズ理解に基づいた具体的目標を立て、評価基準を策定する。
    第2段階-開始期は、個々の利用者がグループ活動になじむことからはじる。そのうえで

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     精神障害者を対象とした集団援助技術について述べよ。
     精神障害者を対象とした集団援助技術とあるが根本的には社会福祉援助技術のうちの一分野である直接援助技術の技法としての集団援助技術と相違はない。一部生活技能訓練等メソッドが固定のものもあるが基本的な流れは同一であるといえる。
    集団援助技術(グループワーク)について
     グループアプローチは20世紀初頭アメリカの内科医J.プラットが結核患者の小グループを作って始めたことが最初とされる。同時期に精神科医C.マーシュによって精神障害者に対して行われるようになった。
     集団療法の定義としては、患者と患者の相互作用と治療者との相互作用の両方がグループの各メンバーの不適応行動の変化に、効果があるように用いられるとされる。
    また、個人の心理的障害や行動異常を解消するため、あるいは、更に自己実現の可能性を助成する為に、体系的理論に基づく計画的・組織的な集団方法を用いることであるともいえる。
    まとめれば治療者が理論に基づいて、集団の力を利用しつつ個人に働きかけることにより個々人の問題を軽減・解決する方法であると言える。
    その展開過程は次の4段階が考えられ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。