生態系における有機物の合成と重要性について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数440
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    態系の定義としてはある一定の区域に生存する生物と、それを取り巻く非生物的環境をまとめ、ある程度閉じた一つの系を指す。
     生態系には様々な大きさのものがある。それぞれの生態系は砂漠や山地、海や川等の物理的障壁によって分離されていることが多いが、絶対的な境界では無い為に生態系が互いに交じり合っている。よって地球全体を一つの生態系とみなすこともできるしスケールを小さくすれば一つの湖を更に分割して生態系とみなす事もできる。
     生態系の成り立ち。ある一定の地域の生物を見たときに、そこには動物、植物、菌類その他、様々な生物が生息している。これを生物群集という。その種の組み合わせは、無秩序に構成されたものではなく、似通った環境の場合、ある程度共通な組み合わせが存在する。それらの間には捕食被食、競争、共生、寄生、その他様々な関係がある。捕食-被食関係での生物間のつながりを食物連鎖、または食物網と呼ぶ。一定区域の生物での食物連鎖を見渡すとき、すべての生物のエネルギーは大元をたどれば光合成にたどりつく。そしてそれを利用するのに光合成するもの(植物など)、それを食うもの(草食動物)、さらにそれを食うもの(肉食動物)のような段階があることがわかる。これを栄養段階と呼ぶ。
    また、生物の遺骸や排出物は、この関係とは少し違った形で微生物等に消費され、それは最終的に植物の同化により、食物連鎖の中に再び取り込まれる。個々の元素を見ると、このような関係の中で、食物連鎖や分解によって生物環を移動し、ある時は非生物的な環境を経由して生物のところに戻る、大きな循環をなしている。これを物質循環という。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     生態系における有機物の合成と重要性について述べよ。
     生態系の定義としてはある一定の区域に生存する生物と、それを取り巻く非生物的環境をまとめ、ある程度閉じた一つの系を指す。
     生態系には様々な大きさのものがある。それぞれの生態系は砂漠や山地、海や川等の物理的障壁によって分離されていることが多いが、絶対的な境界では無い為に生態系が互いに交じり合っている。よって地球全体を一つの生態系とみなすこともできるしスケールを小さくすれば一つの湖を更に分割して生態系とみなす事もできる。
     生態系の成り立ち。ある一定の地域の生物を見たときに、そこには動物、植物、菌類その他、様々な生物が生息している。これを生物群集という。その種の組み合わせは、無秩序に構成されたものではなく、似通った環境の場合、ある程度共通な組み合わせが存在する。それらの間には捕食被食、競争、共生、寄生、その他様々な関係がある。捕食-被食関係での生物間のつながりを食物連鎖、または食物網と呼ぶ。一定区域の生物での食物連鎖を見渡すとき、すべての生物のエネルギーは大元をたどれば光合成にたどりつく。そしてそれを利用するのに光合成するもの(植物な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。