社会環境と発達病理について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数678
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 社会環境と発達について
     人格の形成に関与する要因は複雑であるが遺伝的要因と環境的要因とに分けて考える事ができる。遺伝的要因とは、遺伝子によって先天的に人格がある程度決められてしまう事である。
    環境的要因とは遺伝的要因と違って、後天的に人格に現れるものである。遺伝子が違っていても、似た環境にいた人達が似た様な行動をとる等は立派な環境要因と考えられる。
    遺伝子は調べる事でほぼ同じかどうかわかるが、環境とは客観的にほぼ同じかどうか知ることは難しい。なぜなら、その人には過去があり、全く同じ環境で育った人はいないと考えられるからである。
    2. 発達病理とは
     発達病理とはある年齢段階にいるものに対して社会が要求する行動が常識的と考えられる行動から逸脱しており、しかもそうした行動特性が社会現象として認知される場合をさす。
    発達病理の内容は時代背景、文化、個人によって変化する事もある。発達が学習、内容、方法によって大きく左右される以上、発達病理は社会、文化、制度との関係で考察する必

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会環境と発達病理について述べよ。
    社会環境と発達について
     人格の形成に関与する要因は複雑であるが遺伝的要因と環境的要因とに分けて考える事ができる。遺伝的要因とは、遺伝子によって先天的に人格がある程度決められてしまう事である。
    環境的要因とは遺伝的要因と違って、後天的に人格に現れるものである。遺伝子が違っていても、似た環境にいた人達が似た様な行動をとる等は立派な環境要因と考えられる。
    遺伝子は調べる事でほぼ同じかどうかわかるが、環境とは客観的にほぼ同じかどうか知ることは難しい。なぜなら、その人には過去があり、全く同じ環境で育った人はいないと考えられるからである。
    発達病理とは
     発達病理とはある年齢段階にいるものに対して社会が要求する行動が常識的と考えられる行動から逸脱しており、しかもそうした行動特性が社会現象として認知される場合をさす。
    発達病理の内容は時代背景、文化、個人によって変化する事もある。発達が学習、内容、方法によって大きく左右される以上、発達病理は社会、文化、制度との関係で考察する必要がある。言い換えれば、発達病理の裏側には何らかの社会病理が存在するという事である。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。