性差別と性の役割について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,459
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 性差別
    性差別とは平等に反した、性別に基づく社会的な差別を意味する。また性的少数者に対する不利益も性差別の一つである。
    現代において一般的に男性、女性間の生物学的な性に基づく扱いの違いが性差別であるとされる事は少ない。多くの場合性差別であるとして問題になるのは「社会的な性別」(ジェンダー)を理由とした差別についてであり、そのため性差別解消の手段の一つとしてジェンダーフリーが主張される事もある。
    2.性役割
    性役割とは、その性別に、社会的に期待されている役割のことである。
    例えば、「男だから、めそめそしない」「女だから、おしとやかにする」等の行動規範に従って行動する時、その人物は性役割を演じているとされる。この場合、特定の性に本人の好嫌を問わず、一定の役割を期待すると共に、その役割に応ずる準備や能力、資質、性向がない場合、不要なストレス、劣等感を当事者に持たせ、社会的に自分が不完全であり、不適応であるとの疎外感や差別感を持たせる事になる。
    同時に、ステレオタイプな分類がされている為、性自認を考える時に、自分を現す用語を並べる事でその手助けになる事もある。性役割は、文化によって異なるものもあり、例えば近代日本では買い物は女性の仕事だと考えられていたが、アラブ文化圏や古代ギリシアでは男性の仕事であった。
    現在の日本や欧米諸国では、女性に対するステレオタイプな行動規範を押し付ける事は、ウーマンリブ運動によってかなり認知度は上がり減少傾向にあるが、現実にはまだまだ健在である。一方、男性に対するステレオタイプな行動規範を押し付ける事への認知度は低く、事実上放置されているケースが少なくな

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     性差別と性の役割について述べよ。
    性差別
    性差別とは平等に反した、性別に基づく社会的な差別を意味する。また性的少数者に対する不利益も性差別の一つである。
    現代において一般的に男性、女性間の生物学的な性に基づく扱いの違いが性差別であるとされる事は少ない。多くの場合性差別であるとして問題になるのは「社会的な性別」(ジェンダー)を理由とした差別についてであり、そのため性差別解消の手段の一つとしてジェンダーフリーが主張される事もある。
    2.性役割
    性役割とは、その性別に、社会的に期待されている役割のことである。
    例えば、「男だから、めそめそしない」「女だから、おしとやかにする」等の行動規範に従って行動する時、その人物は性役割を演じているとされる。この場合、特定の性に本人の好嫌を問わず、一定の役割を期待すると共に、その役割に応ずる準備や能力、資質、性向がない場合、不要なストレス、劣等感を当事者に持たせ、社会的に自分が不完全であり、不適応であるとの疎外感や差別感を持たせる事になる。
    同時に、ステレオタイプな分類がされている為、性自認を考える時に、自分を現す用語を並べる事でその手助けになる事もある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。