日常生活や社会問題に貢献する実験心理学研究について考察せよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数785
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. テーマについて
     日本を始めとして全世界で自動車は欠かせないツールの一つである。特に現在日本において車は一家に一台から一人に一台保有している状態に移行しつつある。
     道路標識や信号、渋滞等人間の心理状態によって規定されているものは多い。また交通心理学という応用心理学の一分野として研究されてもいる。我々の日常と決して切り離せないテーマであるといえる。
    2. 渋滞の心理学
     物理学、数学者のグループがとある実験をしてみた。一周230mのリング状に時速30kmで車を走らせる実験にて、自然渋滞のメカニズムの解明を試みた。車両台数が、20台以上になると、流れの悪い部分が出来た。また、平均車間距離が40m以下になると、渋滞が発生しやすくなるという。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日常生活や社会問題に貢献する実験心理学研究について考察せよ。
    テーマについて
     日本を始めとして全世界で自動車は欠かせないツールの一つである。特に現在日本において車は一家に一台から一人に一台保有している状態に移行しつつある。
     道路標識や信号、渋滞等人間の心理状態によって規定されているものは多い。また交通心理学という応用心理学の一分野として研究されてもいる。我々の日常と決して切り離せないテーマであるといえる。
    渋滞の心理学
     物理学、数学者のグループがとある実験をしてみた。一周230mのリング状に時速30kmで車を走らせる実験にて、自然渋滞のメカニズムの解明を試みた。車両台数が、20台以上になると、流れの悪い部分が出来た。また、平均車間距離が40m以下になると、渋滞が発生しやすくなるという。
    渋滞とは、何らかの理由である地点の道路交通容量が低下し、その地点より前に自動車の待ち行列が形成され成長している部分のことである。自動車交通の場合上記の定義に以外に速度の低下した状態と心理的な刺激による渋滞の定義もなされた。心理的な刺激による渋滞の定義は、心理学のブロッホの法則により導かれる。
    以..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。