心身障害児・者に共通する心理的問題は何か述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数860
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.心身障害者・児の定義
     障害者の定義と言い換えてもいいといえる。障害者基本法において「障害者」とは、身体障害、知的障害又は精神障害があるため長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいうとされる。
    心身障害児・者と一くくりにしているが、精神障害・知的障害・身体障害の三障害はいうまでもないが、さらにその中には身体障害だけで例に挙げても視覚障害、聴覚障害、肢体不自由、内部障害とそれぞれ障害の種類は千差万別であり、心理的問題も個人差があり異なっていることを念頭におく必要がある。また複数の障害を同時に持ち合わせた重複障害者・児という人々もおり、心理的問題も多様で複雑なものである。
    2.障害者の心理的特性
     先にも述べたとおり、障害は種類もその程度も多種多様であり個人差があり、その真理的問題にも個人差がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     心身障害児・者に共通する心理的問題は何か述べよ。
    1.心身障害者・児の定義
     障害者の定義と言い換えてもいいといえる。障害者基本法において「障害者」とは、身体障害、知的障害又は精神障害があるため長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいうとされる。
    心身障害児・者と一くくりにしているが、精神障害・知的障害・身体障害の三障害はいうまでもないが、さらにその中には身体障害だけで例に挙げても視覚障害、聴覚障害、肢体不自由、内部障害とそれぞれ障害の種類は千差万別であり、心理的問題も個人差があり異なっていることを念頭におく必要がある。また複数の障害を同時に持ち合わせた重複障害者・児という人々もおり、心理的問題も多様で複雑なものである。
    2.障害者の心理的特性
     先にも述べたとおり、障害は種類もその程度も多種多様であり個人差があり、その真理的問題にも個人差がある。
     心身障害者・児は障害を持つという前に大人、子どもとしての心理的特性を持っている。つまり一般的な子どもや大人の心理に対する知識と理解をもつと同時に、障害に原因を持つ心理的な問題についての知識や理解が必要である。心身障害児..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。