福祉国家の思想と原理について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数6,694
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. ベヴァリッジ報告について
     ベヴァリッジ報告とは第二次世界大戦が始まり、1942年にイギリスの経済学者ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジによりに発表された「社会保険と関連サービス」(ベヴァリッジ報告)と題された報告書である。
    ベヴァリッジ報告は戦後のイギリス社会の再建をいかに行うかを検討したものである。
    ベヴァリッジは報告の中でイギリスが克服するべき問題を大きく「貧困」「疾病」「無知」「不潔」「無為(失業)」の五つにわけ五つの巨人悪と呼び、それらを解決する為には社会保険を中核とした総合的な社会保障制度及び政策が必要となると提言した。
    ベヴァリッジ報告の社会保障制度の体系は、強制的拠出を財源とする社会保険を基軸とし、これを補完する国民扶助と任意保険との三つの制度から構成されている。
    ベヴァリッジ報告では、社会保障とは所得保障を意味していて、この概念規定がイギリスにおける社会保障の定義となっている。
    ベヴァリッジ報告の社会保障政策史上画期的な点は、それまで理念の範囲にとどまっていた社会保障を、包括的かつ普遍的なものとし、それに対する国民各自の権利と国の責任を明確・明文化にした点にある。
    ベヴァリッジ報告は均一額の最低生活費給付、均一額の保険料拠出、行政責任の統一、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     福祉国家の思想と原理について述べよ。
    ベヴァリッジ報告について
     ベヴァリッジ報告とは第二次世界大戦が始まり、1942年にイギリスの経済学者ウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジによりに発表された「社会保険と関連サービス」(ベヴァリッジ報告)と題された報告書である。
    ベヴァリッジ報告は戦後のイギリス社会の再建をいかに行うかを検討したものである。
    ベヴァリッジは報告の中でイギリスが克服するべき問題を大きく「貧困」「疾病」「無知」「不潔」「無為(失業)」の五つにわけ五つの巨人悪と呼び、それらを解決する為には社会保険を中核とした総合的な社会保障制度及び政策が必要となると提言した。
    ベヴァリッジ報告の社会保障制度の体系は、強制的拠出を財源とする社会保険を基軸とし、これを補完する国民扶助と任意保険との三つの制度から構成されている。
    ベヴァリッジ報告では、社会保障とは所得保障を意味していて、この概念規定がイギリスにおける社会保障の定義となっている。
    ベヴァリッジ報告の社会保障政策史上画期的な点は、それまで理念の範囲にとどまっていた社会保障を、包括的かつ普遍的なものとし、それに対する国民各自の権利と国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。