集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,337
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1. 集団援助技術とは
     集団援助技術は直接援助技術に含まれ、生活上何らかの問題あるいはニーズを抱えている個人に対して、その問題の解消・軽減や、ニーズの充足を図る上で、小集団における相互作用の力を活用することが有効であると判断されるとき、援助者により計画される援助技術である。
    集団援助技術に関する最初の定義はW.ニューステッターの報告に見られた。
    その後1940年代後半に社会福祉と社会教育の二つの領域にまたがった。1949年にAAGWが採択した「グループワーカーの機能に関する定義」はその後の標準的な定義として広く知られている。その文章の冒頭では、グループワーカーは各種のグループを援助して、グループ相互作用とプログラム活動によって、個人の成長と望ましい社会的諸目標が達成できるようとつめるとある。
    また1960年代のG.コノプカの定義では個人の社会生活上の問題解決を小集団が持つ治療的機能に着目していた。
    その定義は、ソーシャル・グループワークとは、ソーシャルワークの一つの方法であり、意図的なグループ経験を通じて、個人の社会的に機能する力を高め、また個人、グループ、地域社会の諸問題に、より効果的に対処しうるよう、人々を援助するものであるである。
    その後の方法論統合化の展開により、集団

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    集団援助技術(グループワーク)の原則と過程を述べよ。
    集団援助技術とは
     集団援助技術は直接援助技術に含まれ、生活上何らかの問題あるいはニーズを抱えている個人に対して、その問題の解消・軽減や、ニーズの充足を図る上で、小集団における相互作用の力を活用することが有効であると判断されるとき、援助者により計画される援助技術である。
    集団援助技術に関する最初の定義はW.ニューステッターの報告に見られた。
    その後1940年代後半に社会福祉と社会教育の二つの領域にまたがった。1949年にAAGWが採択した「グループワーカーの機能に関する定義」はその後の標準的な定義として広く知られている。その文章の冒頭では、グループワーカーは各種のグループを援助して、グループ相互作用とプログラム活動によって、個人の成長と望ましい社会的諸目標が達成できるようとつめるとある。
    また1960年代のG.コノプカの定義では個人の社会生活上の問題解決を小集団が持つ治療的機能に着目していた。
    その定義は、ソーシャル・グループワークとは、ソーシャルワークの一つの方法であり、意図的なグループ経験を通じて、個人の社会的に機能する力を高め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。